相談することが大切

医者 気分が晴れない日が続く際には精神的な病を疑うべきであり、悩んだ際には相談するようにしましょう。話しやすく無理なく相談できて、心の負担が軽くなったと感じられる相談先を見つけることが解決の第一歩となります。

詳しく見る

適切な治療がいる心の病気

悩む女性 精神状態が悪化する心の病になってしまうと、長期間気分が晴れない状態になる場合があります。不安定な精神状態は早めに治療をすれば改善しやすいため、異常を感じた時は専門医のいるクリニックに行って相談するべきです。

詳しく見る

気がつかないうちに進行

カルテ 気分が晴れないという状態を放っておくと、いつの間にかパニック障害などの併発をしてしまうこともあります。そのために心療内科などを受診することがベストですが、前もってストレスチェックをやっておくことでスムーズに診断できます。

詳しく見る

安心して対応できる精神病

ハートと聴診器 何らかの原因で気分が晴れない精神状態になった時は、早めに医師に相談して問題を解決する必要があります。クリニックで受けられる治療はある程度費用がかかりますが、保険が使えるので少ない負担で問題を解決できます。

詳しく見る

趣味や娯楽を楽しめない

カウンセリング

無理に明るくふるまう必要はありません

通勤や通学をしている人はもちろんですが、子育て中や休職中の人も、精神的なストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、気分が晴れないこともあります。人間の心は一定ではないのでいじめを受けたり、悪口は言われてなくても、気分が沈んでしまうこともあります。自分の好きな趣味や娯楽に関心が乏しくなったり、外出をしても気分が晴れないこともあります。うつ病に罹ると好きなことに無関心になったり、身だしなみが乱れてきたり、外出をしたり、人と会うのを避けるようになります。うつ病が疑われる時は、精神科の病院やクリニックを受診するのをお勧めします。意欲や気力が減退しており、気分が晴れない時は、無理に外出をしたり、明るくふるまう必要はありません。精神科の病院やクリニックでは、日常生活で困っていることや、辛い症状などを話しやすい環境が整っています。問診やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来ます。気分が晴れない時は、家でゆっくりと休息や睡眠を取ることも大事です。うつ病は午後になると、症状が改善することが多いので、無理のない程度に部屋の片づけや掃除、軽い運動をするのもお勧めです。セロトニンが不足すると、憂鬱な気分になりがちなので、牛乳や卵を食べたり、朝起きた時に電気を点けるのもお勧めです。

うつ病はお子様から、大人、高齢者まで、誰でも罹る可能性のある精神疾患のひとつです。うつ病の症状には強い孤独感を感じたり、自責の念が強い、気分が晴れないなどがあります。自分の好きな趣味や娯楽を楽しんでも、気分が晴れない時は要注意です。結婚や引っ越しを経験して、大きく環境が変わったり、大切な人との生死別を経験したり、可愛がっていたペットが亡くなった時もうつ病に罹りやすいです。健康な人であれば、気分が晴れないことがあっても、数日を経過すると自然治癒する人がほとんどです。うつ病に罹ると意欲や気力が減退してしまい、読書が出来なくなったり、調理などの家事が効率よくできなくなることもあります。家族や配偶者に変化がみられる時は、精神科の病院やクリニックに付き添ってあげることが大事です。抗うつ剤や気分安定薬などは、大変有効です。カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法などを受けることで、症状が改善することも多いです。気分が晴れない時は、無理に旅行やレジャーなどに行く必要もありません。身近に頼れる身内がいる場合は、掃除や洗濯などの家事を手伝ってもらうのもお勧めです。小さなお子様や赤ちゃんのいる人は、託児所や保育所に預かってもらうことで、子育ての負担を減らすこともできます。適切な治療を受けることで少しずつ回復してきます。